目隠しフェンス(1)自力で目隠しフェンスを立てる方法

2016年に家を建ててから6年目、ずっと塀問題に悩んでいる。一つは、家の裏側。空き巣に入られてから防犯カメラを設置したり、セコムに入ったりしたものの、敷地の境界に塀を立てていないのをずっとなんとかしたいと思っている。

道路からも自宅玄関が丸見えだ。玄関ドアの前に目隠しフェンスをと門扉を設置しようものなら、恐らく30万円前後かかる。工務店に依頼せず、自力で安く設置できないかと、ホームセンターに何度となく門扉を見に行ってみた。しかしどう考えても、難易度が高すぎる。

そこで見つけたのが、プランターフェンスというものだった。門扉のように、完全に空間を仕切ることはできないが、置いておくだけでちょっとした目隠しになる。プランターに何か植えておけば重しになって倒れにくい。なんて画期的!木製フェンスは毎年のように防腐剤を塗ったりと、メンテナンスが大変なので、アルミ製なのもいい。横幅120cmもあれば、玄関ドアの外にいても目隠しにはちょうどいい。これを買ってみることにした。

おすすめ商品

ここのところ、電動ドライバーの使い方にも少し慣れたので、ラテックスの手袋はめてしっかりねじ締めしたりで、1時間ほどで完成。この組み立ても、ちょっと前の私ならできなかったことだ。なにせ、安い電動ドライバーを購入しても使いこなせずにしまったままになっていたくらいだ。だから、感慨もひとしお。達成感!

この目隠しフェンスひとつで、すごいストレス軽減。道路からの視界はこれでほとんど見えなくなった。これひとつあれば、ウッドデッキの上でヨガマット敷いてヨガやっても誰にも見えない。念願の目隠しフェンスだ。オープンなウッドデッキがこのフェンスを置くことで、心地よい空間になった。

MARBLE B&Bに泊まったサーファーのお客さん、よく外水道でスイムウェアを洗って干したりするから、このフェンスが物干しになりそう。フックを用意しておこうかな。

浮かれている私に、不安要素が一つあった。段差の上にプランターフェンスを置いていて、プランターが5mmはみ出しているのだ。これは、購入前から懸念していたことだった。

倒れないように、まずはプランターにブロック塀を買ってきて入れておこうか。もし台風などで倒れそうなら、ウッドデッキにL字金具で固定すればいい。

横幅120cm x 高さ150cmのプランターフェンス。これがひとつあるだけで、この安心感。もっと早く欲しかった。