ポータブルカーナビをCDスロットに取り付ける

13年乗った先代FIATちゃんで使っていたドラレコ、カーナビなど、きいろい号でも使いたいものはすべてスリーワイズファクトリーさんで移してもらった。このSONYのカーナビもかなりの年代物で、2008年当時から地図情報が更新されていない!道のないところをぐんぐん走ることもしばしば。ルート案内に関しては、GoogleMapの方が優秀だけど、高速を走るときはICの表示などカーナビの方がわかりやすいので、最近はカーナビとGoogleMapを併用していた。SONYのポータブルカーナビ、使えるものなら捨てずに使いたい。

買った当時はダッシュボードに吸盤で固定した。これがまあすぐ落ちる。それで最近は強力な両面テープでガッチリ固定していた。きいろい号では、もう少し安定感のある取付をしたいとあれこれ探していたら、CDスロットを使った取付ができる車載ホルダーが売っていた。CDスロットはほぼ使わないので、これを試してみることにした。

Mountek GRIP(マウンテック グリッププラス)
iPhone/iPad air2 対応 CDスロット取付型 ワンタッチ式 スマホ車載ホルダー

このホルダー、3枚の羽をそのままCDスロットに差し込み、ネジをギュギュッと締めれば取付完了。とても簡単。ネジは上下どちらにして使ってもいいみたいだ。かなり安定感がある。スマホはもちろん、タブレット、カーナビ、幅広く使える。

ひとつ問題があった。カーナビをホルダーで挟み込むときに、背面のクレードルが邪魔で挟み込めない。でも、カーナビの電源を取るためには、このクレードルを外すわけにはいかない。困った。

スリーワイズファクトリーさんにそんな事情を話したら、ホルダーを削ったりして、カーナビ本体を挟むのではなく、クレードル部分をホルダーでガッチリ挟み込むように仕上げてくれた。すごい!これで電源確保に成功!これまで通り、エンジンをかけたらカーナビもONになる。

ちなみに、カーナビ本体を挟み込むと走行中の振動がひどくて見づらい。クレードル部分を挟み込むと、揺れは少なくなった。今回は左右から挟み込んでいるが、上下に挟む方法もあるので、取付後に走ってみて、調整するのがよさそう。

2008年製のカーナビ、まだまだがんばれ。

CDホルダーを差し込もうとしたら、スロットにCDが入っていることに気付いた。前オーナーさんが残していったものだろう。きいろい車にきいろいCD、毛皮のマリーズのベストアルバムだった。時々Spotifyで鳴らして走ろうか。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA